読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青空と心のアトリエ

日々思った事をつらつらと。

7月14日

今日は少し真面目な事を書こうと思います。

 

僕は某大学院で研究を行っています。

当然学部生の後輩がいます。今日その後輩の一人が僕の実験について聞いてきたので簡単に説明したら「まあ良くわからないんですけどwwww俺の実験は・・・」って話してきました。

僕の行っている実験は確かに、所属している研究室としては結構イレギュラーな事をやっているんです。そうなったのも、僕が入室した時に先輩たちの実験の結果が出始めたんです。それは実験というよりも一つの積み重ねで明らかになったのですが。その実験の結果は"こうなった"って明らかにしただけで、"どうして"、"なぜ"その結果になったのかはわかりませんでした。

そこで僕はそれを明らかにしたいと考え、自分で色々と試行錯誤して、実験の計画を立て先生に話、院生になる事前提で実験を組みました。

自慢ではないですが、他の人と違って明確に自分でこの疑問を明らかにしたいからこのような実験をやりたいと言って自分で実験を計画したのは僕だけでした。

後輩も自分で考えた人はいません。

 

今日話をしてきた後輩ももちろん教授に与えられた実験をこなしているだけです。さすがにプロトコールなどは論文を読んで考えていますが、7割は教授の指示に従っているだけです。それが悪いとは言いません。

僕自身、自分は変人というか少し変って自覚があるので。

ただ、受け身、与えられた事しかやらない、そんなやつ、に自分で考え、論文を一生懸命読んで、教授とも必死に相談して決めた実験を馬鹿にされた気がしたんです。

 

大学って思っている以上にお金がかかるんですよね。僕は両親に頭を下げて、実験をやりたいから大学院に行かせてほしいと話して進学しました。だからこそ、与えられた事だけではなく、自分で考え、教授と相談し、実験を行い、結果を出す事に価値、意味があると思うんです。特に何も考えずに与えられた事しかやらない人は正直勿体ないというか、高いお金を払ってまで大学行く意味ないと思うんですよ。

そんな人間に小馬鹿にされたらそりゃ僕も怒ります。といか今日に関しては呆れてしまいました。

多分その後輩はプライドが高いというか、ちょっとナルシストで、なおかつ研究室で一番実験をやってるって思ってるんですよね。で、研究室としてはイレギュラーな実験を行っている僕の実験が気に入らないんだと思うんです。だから突っかかって来るんでしょう。

研究者として何が大事か。僕は常に疑問を持ち続ける事だと思います。僕は所詮まだ大学院生なので、研究者のなんたるかを語るのは身の丈に合っていないですが、今回は許してください。

僕は常に結果に疑問を持ち続けています。なんで、どうして、どうやって、この結果になるのか。その結果がイレギュラーな実験計画なんです。

一方後輩はこうなった。こう考えられる。でおしまいです。そんなふざけた、糞みたいな、やつが許せないんです。ふざけるなって思いました。理解しようとしない、常に疑問を持たないやつは理系に進学する意味がない。そんなんだったらさっさとやめてしまえばいい。邪魔なだけだ。

 

なんか話がまとまらなかったんでが、理系に進学した人は折角なので、常に疑問を持ち続けて欲しいって事です。また、文系に進学した人も、自分が何をどうしたいのか、周りに合わせたりせずに常に考えて欲しいと思います。

 

こんな糞みたいで未熟なやつにこんなこと言われなくても分かってるとは思うのですが。

今日は終わりです。