読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青空と心のアトリエ

日々思った事をつらつらと。

ある晴れた日の事①

魔法以上の愉快は起こりませんでした。

こんばんわ。

みくです。

 

皆様はマッチングサイトってご存知ですか?

詳しくは私が書いた過去の記事を読んでください。

 

miku778.hatenablog.com

 

まあ、紆余曲折があったのかどうかは抜きにして

一人だけですけど、会う事が出来たので記事にします。

バレたらそれは問題だと思うので、フェイク入れるけどご了承くださいね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

常日頃から彼女が欲しいってずっと言ってるのですが、まあ中々できないんですよね。

それで、ふっとFacebook開いたらマッチングアプリの宣伝がありました。

切っ掛けなんて些細なもので、マッチングアプリの宣伝を見た日に色々と調べて、心理系のマッチングアプリが良さそうって事がわかりました。

 

みく「はーーとりあえず無料だし登録だけしようかな」

みく「んん。なるほど!とりあえず片っ端からイイね押せばいいのね!」

そんな感じでとりあえず個人的に気になった人にイイねを送りまくり、何人かとマッチングしました。

 

みく「マジかよ!メッセージ送るには有料会員にならないといけないのか!!」

みく「いいや課金しよ」

 

本当にこの辺は私は何も考えてなかったので、とりあえず一か月の有料会員になりました。

しかし、メッセージのやりとりしてもまあ連絡先交換までなかなかいかないんですよ。

 

みく「はー結局こんなもんだよな。」

 

そんなときに一人の女性とマッチングしました。

かな(仮)さんとしましょう。

 

みく「マッチングありがとうございます!(オカメ・・・・?)」

かな「こちらこそイイねありがとうございます!!」

 

他愛もない話で盛り上がりました。

正直、写真は好みじゃなかったんです。

失礼を承知で書きますが、オカメ納豆のオカメみたいなご尊顔だったんです。

いやこれがマジで。でも、顔で判断とか本当に失礼だし(僕自身キモオタの権化だし)、話してみたら超良い人だったんです。

しかし、まあめっちゃグイグイくるんですよこれには驚き。

 

みく「趣味とかなんですか(とりあえず社交辞令で聞いておこう・・・・)」

かな「趣味ですか!!(以下略!!!」

 

ここでは書ききれないくらいの長文が二つ送られてきました。

ラインの画面で全文が収まらないくらいの長文ね笑

もうこの時点で「ああこの人やばいな」って思ったんですけど、やっぱり彼女いないから可能性にすがりたいじゃん!!

まだ若いし可能性の獣だし!!

ここで、私の悪い癖が出て相手の趣味に同調してしまったんですよ。

 

みく「美術館気になってるんですよね~~」

かな「え!!本当ですか!!一緒に行きましょうよ実はあそこが(以下略」

 

はい。結論から言うと相手の勢いにも負けてライン交換して

会う約束しました。

ちなみにここまでマッチングしてから3日です笑

超ウケるwwwwwwwwwwwww

某美術館とららら~な映画を見に行く事になりました。

 

当日は普通に楽しかったです

なかなか経験しない場所ですし、何よりも映画がすごく良かった。

一人でみるには踏ん切りがつかなかったので一緒に行けてよかった。

 

でもね。でもね。相手年上だったんですよ。周りが結婚しているって話からの子供が欲しいからの早く結婚相手見つけたいって事でした。

プレッシャー半端ないですし、何より、話がね、9割自分の身内の話なんですよ・・・・。僕聞いても分からないし、話の人わからないからコメントもできないんですよ・・・・。

向こうから聞いてきたから死ぬまでにやりたい将来の夢とか話したのに「ふーん。そういえば私ね(以下略」のような会話が永遠と繰り返されました。

会話じゃないな、ドッヂボールですねこれ。

もう何年も彼氏いないし、男性から見向きされないって言ってたんですけど、見た目じゃなくて話の内容だよ。

僕自身聞き上手って言われるので、相手の話中心になる事はよくあるのですが、まさか7割近く向こうがペラペラ話すとは思わなかった。しんどかった。

ラインもめっちゃ長文なんですよ。

僕は基本短文かちょい長くらいで返すので画面いっぱいの長文になんて返したらよいのかわかりませんでした。正直すごくしんどかった。短文なら喜んで即レスするけど、長文だと長文で返さないとってプレッシャーめっちゃ感じるし。

 

映画観終わった後に、ちょっとキャッフェ的なところでコーヒー飲みながら話したのですが、今までマッチングサイトで会ったほかの男性の話をずっと聞かされました。

(相手が実はゲイでカモフラージュだったとか、母性を求めてくる年上とか)

まあその話は面白かったけど、それを他人の僕にペラペラ話すのはどうなんだろうって思うよね。

それに、個人的には映画の話とか普段の趣味とかそういう事を面と向かって話したかった。だから、話も振ったんですけど「ふーん」でお終い。つら。

最終的には「私、みくさんの顔めっちゃ好みなんですよ」って言われたけどトキメカナイ。。。。。。

ここまで、私自身の話はほとんどしてません。相手のお話聞いて、同調して適宜コメントはさむだけ。

ニュースのコメンテーターかよ!!!ファッキン!!!

 

ただ、話をしていてここには書けないけど、私生活的なエピソード聞いてすっごく良い人だなぁって思いました。人間そこが一番大事ですよね。

それにまだ一回しか会ってないし、この一回で全部わかるとも思えないので、次も会おう的な話をしてその日は解散しました。

 

このときは何にも面白い事もなくて、ブログのネタにもならねーって思いましたが続きがあるんです。

 

ある晴れた日の事②に続く

明日更新します。