心のアトリエは銭湯

銭湯、時々日常

文字で伝えること

こんばんわ。

銭湯以外の記事です。

なんだかとても久しぶりな気がします。

 

さて、皆様は情報をどのように入手していますか?

今はスマートフォンで視覚的あるいは視覚と聴覚を使って情報を入手している方がほとんどだと思います。

昔はテレビがスマートフォンと同じ役割を持っていたと思いますが。

 

情報を入手する媒体が変わっても、「視覚」と「聴覚」が情報入手で一番使っている感覚だと思います。

なので、情報を発信する側も基本的には同じだと思います。

ユーチューバーの方々なんかはまさに両方の感覚を刺激していると思います。

しかし、視覚と聴覚に働きかける情報の伝え方はとても難しいと思うんです。

そんな中で友人が声で情報を伝えるということをやり始めました。

その友人から「みくも銭湯のこと伝えるのに声を使ってみたら?」と言われました。

私は自分の声にコンプレックスがあるので、すごく抵抗があったのですが、付き合いの長い親友からの言葉だったので一度やってみました。

 

結論から言うと、面白かったです。

ブログで伝えること以上に、声だと感情が伝わります。

動画ではないので、視覚を刺激することはできませんが、聴覚にフォーカスして刺激し、情報を伝えることができます。

そのことにとても感動しました。

しかし、今後はもうやらないかなと思います。

なんだかんだ言って私は「文字」で伝えることが一番好きだなと再認識したからです。

 

文字だけで様々な情報を伝えることはとても難しいです。

何より、文字だけだと「感情」が上手く伝わらないのです。

書く側がどんなに熱量を込めて書いても、その熱は素人の私等が書いた文章ではなかなか伝わらないのです。

しかし、文字は感情だけでなく、その一つ一つに意味を深く込めることができるのかなと思っています。

一つの文字から、「この人はこの文字・文章でなにを伝えたいんだろう」と読者は考えることができて、聴覚に情報を与える以上に受けてが様々な解釈をすることができると思うのです。

時にはその解釈が悪い方向に向かってしまうこともあるかと思いますが、文字は声以上に様々な情報を詰めることができると考えています。

だからこそ、これだけ映像文化が発展しても小説という媒体が無くならないんだと。

 

私はブログをしっかりと書き始めてからはまだ数か月程度で拙い文章が続いています。

しかし、ちょっとずつ読んでくださっている方も増えており、文字で伝える事って本当に楽しいなと思っています。

 

これからも銭湯だけでなく、色々なことを文字で伝えていき、読んでくださった方々がちょっとでも興味を持てるような記事を書けるように頑張っていきたいと思います。

 

・・・・・ただの決意表明みたいな記事でした!笑

 

これからもガンガン書いていきます!

よろしくお願いします!!

 

追記

コメントとかもらえるとめちゃくちゃ嬉しかったりします・・・・。