心のアトリエは銭湯

銭湯、時々日常

銭湯日記その㉞

こんばんわ。

 

朝起きたら喉がとてもイガイガしてカサカサしてとてもしんどい私です。

そんな状態ではありましたが、仕事に行って帰ってきて今ブログ書いています。

今日は銭湯に行ったわけではないのですが、行ってきた銭湯の更新が滞っていたので更新です!

 

今日の記事はこちらの銭湯です!

f:id:miku778:20180604222531j:plain

はい、荒川区にある鴻の湯さんに行ってきました!

このブログでご紹介するのは二回目ですが、スタンプラリーを初めてからは初めて行ってきました。

自動ドアをくぐると、左手に受付がありそこで460円を支払います。

スタンプラリーの台紙も見せて、スタンプをもらいます。

その時、番台にいたおかみさんに声をかけられました。

荒川区に銭湯ばっかりいってるんかい?」

「はい、荒川区近辺は自転車で回れるので。」

「そうかいうかい。最近荒川区の銭湯は減ってきたからね。色々行きな」

 

ちょっとした会話ですが、こういうことが話せるだけで何となく銭湯に行くことが幸せに感じます。

 

脱衣所はかなり広めです。

休憩できるような中庭はありませんが、窓の先に庭が見えるので心は落ち着きます。

着替えて、浴場へ。

 

手前にカランがあって、奥にバイブラ、半寝風呂、ハイパージェットバス等があります。

スタイルとしては、関東ではオーソドックスな奥に浴槽があるスタイル。

水風呂、薬湯はありません。

カランは古さを感じますが、しっかりと掃除がされていて歴史を感じつつ清潔にされています。

 

さて、荒川区にある銭湯という事でとても熱い熱いお湯を想像する方が多いと思います。なんといっても下町の銭湯ですからね。

しかし、鴻の湯さんはご主人から息子さんに引き継いでからやさしい温度になったとのことです。

熱いお湯もいいですが、薪を使ったやさしい温度(40~41℃くらい)でポカポカに体が温まります。

 

バイブラはやや弱めですが、弱め+やさしい温度で超ゆっくり入ることができます。

バイブラが弱いからかわかりませんが、鴻の湯さんのジェットバスは名に恥じぬハイパージェットバスです。

本当に、この威力は一度体験してほしいです。

痛気持ちいってこの事ですよ!笑

私は痛くて耐えられなかったけど!

 

たかーい天井を見上げながら一日を振り返って、上がりました!

水風呂がないので、整いはしませんでしたが、体と心はポカポカで幸せ気分満載でした!

 

帰りの夜風がとても気持ち良い。そんな一日でした。

 

これだから、銭湯は止められない!!

 

それではまた!!