アラサーの銭湯日記

銭湯、時々日常

銭湯日記その㊱

こんばんわ!

今日も銭湯日記です!

キャンプ日記は結構書くのに時間かかっているので、少々お待ちを・・・。

 

今日の銭湯はこちらです!!

f:id:miku778:20180613221543j:plain

荒川区にある「藤の湯」さんに行ってきました!!

写真を見てくださいこの素敵な雰囲気!!

なんて言うんでしょうか、街中に溶け込んでいる地域密着型の銭湯ですよね!!

 

自転車置き場にはかなりの数の自転車が止まっていたので、先客が多いと予測しつつ扉をくぐります。

休憩スペースは外からは想像できない、広々としていました。

扉を通ると正面に受付があります。

そこで460円を支払い、銭湯スタンプラリーのスタンプもゲットです!

結構銭湯スタンプラリーも貯まってきました笑

 

男湯と書かれた暖簾をくぐると、脱衣所もかなり広々としています。

そして、とても綺麗で整っていました。

服を脱いで浴場へ行きます。

 

湯船が奥にあり、手前がカランのオーソドックスなタイプ。

先客はかなり多く、家族連れが多かったです。

 

しっかりと体を清めてまずはバイブラへ!

藤の湯さんのバイブラはスペース的に一人しか入れないので今までにないタイプでした。

ぽこぽこ下から出てくる泡の強さが絶妙でとても気持ちよかったです。

ちなみにお湯はやや熱め。41℃か42℃くらいでしょうか。

心も落ち着く温度です。

 

バイブラの後は薬湯です。

この日は「靄」でした。

真っ白なお湯で、疲労回復等に効くそうです。

ちなみに、お湯の温度はバイブラ湯より少し低め。それでも39℃~40℃くらいはあります。

薬湯ってなんでこんなにポカポカ温まるんでしょうか・・・・。笑

 

薬湯の後はジェットバス。

こちらもほどほどの力強さで体の硬さがほぐれていく気持ちよさ・・・・最高かよ!

 

のんびりと湯につかっていると、カランでお子さんが父親の背中をごしごし洗っているのが見えました。

父親はとても気持ちよさそうな顔していてなんか素敵だなぁと心がほっこりしました。

 

水風呂がないので、整いはあまりないですが、本当に地域に密着していて家族が楽しそうにお風呂に入っているところが見れて心が充足しました!笑

住宅街にあるこのような銭湯は本当に貴重だと思います。

 

また行きたくなる、不思議な魅力のある銭湯でした!!

 

それではまた!!