アラサーの銭湯日記

銭湯、時々日常

ふっと、立ち止まってみる

 最近、銭湯・サウナ関係の方々だけでなく、色々な方とTwitterで仲良くさせていただいていてとても楽しいと感じている。それだけでなく、 Twitterを通して仲良くなった方とお会いする機会が何度かあった。とてもありがたいことに私のこのブログを読んでくださっている方がいらっしゃって非常に嬉しかった。お世辞かもしれないけれども、銭湯好きの方も読んでくださっているとお聞きしたときは心が躍るくらい嬉しかった。

Twitterでもさらっと読めると言っていただけたりして、本当に嬉しくて嬉しくてたまらなかった。

 そうしてブログの話をしている際に、「アクセス数はどうなんですか?」と聞かれた。そういえば、アクセス数はほとんど気にしたことが無かった。

私のこのブログは所謂、『銭湯に行くにあたって役に立つ』『各銭湯の詳細な情報を知る』には全く役に立たないと思う。ブログタイトルの通り私が銭湯に行った日記として、備忘録として書いているので・・・。だからこそ、全く気にしていなかった。

しかし、人から聞かれると自分でも気になってしまうのでふっとアクセス数を見てみたら9000を超えていた。こんな取り留めもないブログをこんなにも沢山の方々に読んでいただいているなんて思ってもみなかった。(人気ブログとかと比べるとなんだコイツってなるとは思いますが・・・笑)

本格的に銭湯日記を書き始めて1年が経ち、ありがたいことにアクセス数も10000が近くなっていることに気が付いたので、少しこのブログについて振り返ってみようと思う。

 

【このブログの始まり】

 このブログは私が大学院生の時に作ったのが始まりです。友人がブログを書いていてTwitter以外にがわも何か始めてみたら?のようなことを言われたのが切っ掛けだったと記憶しています。

当時のブログ内容は混沌としていて、本当にただの日記でした。しかも大半がネガティブな内容(当時研究室のラボ畜だったので)で読むと気が滅入ってしまうような感じでした。大学院を卒業してからはほぼ放置していて全く更新をしていませんでした。

 

【銭湯日記への生まれ変わり】

 銭湯へ行くようになった件については、インタビューに回答した通りです。

(なんか昔に自分でも書いた気がするけれども・・・あれはちょっと盛っているので笑)

sento.hatenablog.jp

何てことはないんです。ただ、一人暮らしを開始してシャワーで済ませることが多くなった日常に大学院の研究が色々と行き詰まって違和感だらけだったんです。

銭湯に行ってみたら、極楽極楽~~って気分になったのでちょこちょこ銭湯に行くようになりました。就職を期に実家に帰りましたが、実家近くのスーパー銭湯に毎週の通っていました。

 社会人2年目になり、ある程度お金も貯まったので家を出て一人暮らしをすることにしました。住む場所は荒川区を選択。理由は銭湯が沢山あって、職場にも実家にもそこそこ近いから。一人暮らしを初めて最初に行った銭湯は熱湯で有名な帝国湯さん。

久しぶりに昔ながらの銭湯に行って、感動を覚えて「これはブログに書こう!」って思ったのが銭湯日記の始まり。

ここから、ただただネガティブな内容の巣窟になっていたブログが銭湯日記へと変わりました。

 

【銭湯日記に変わってから】

 文章を書くこと自体が久しぶりだったこともあり、当初は色々とブレブレだったと記憶しています。過去の記事を見返すのは正直恥ずかしい。でも、自分が行った銭湯を文章で書き起こすのは非常に楽しかった。これは今も変わらず楽しい。

どのくらい続くかな~なんて思っていたけれども、昨年1年間は結構な頻度で更新できていたと思う。気が付けば銭湯日記も70を超えた。

番外編も含めれば銭湯の記事だけで100は書いていると思う。自分の書き方やキャラクターが確立できてきたのもあって、どんどん書ける。

書く内容がネガティブなことではなく、自分が好きな銭湯のことだからこそここまで続いているんだと思う。Twitterにも書いた記事を載せるようになって、読んでくださっている方が居ることを実感したのは記憶に新しいです。

その一方で、実際に行った銭湯の方にももしかしたら読まれているかもしれない・・・と考えるともっと詳細に色々と書いた方が良いんじゃないだろうかって悩んだことも実はあった。

しかし、そういう事は既にやっている方もいらっしゃるので私は私のスタンスを崩さないでやっていこうかなって思ったりして今に至ります。

 

【今後の銭湯日記】

 これからも行った銭湯の日記、備忘録としてどんどん書いていこうと思っています。基本スタンスは変わらず、私の日記として。こんな日記ですが少しでも読んでくださった人が銭湯に興味を持ってもらえたら良いなと思いながら素直な気持ちと感想をつらつらと書いていきます。

さらっと読める読んでくださった人がいいなって思う、そんなブログを目指していきたいと思います。もし、私の記事を読んで不快な気持ちになってしまったりした方がいたら申し訳ないです。でも、日記なのでその辺は少し甘く見ていただければ・・・・。

 

そんなわけで、今後もがわの銭湯日記をよろしくお願い致します。

 

がわ