アラサーの銭湯日記

銭湯、時々日常

銭湯日記番外編:今、私が思う事。

こんにちは!

 

新型コロナウイルスの影響は今も続いていますね。

色々な意見があることは分かっていますが、私は仕事柄、医療関係者の方たちに会わないといけないことがあるので凄く慎重になっています。

そんな状況もあって、今までみたいに色々な銭湯へ行く銭湯巡りが中々できなくなりました。

 

そんな中で、銭湯好きとして凄くありがたいなと思ったのが住んでいる地域(便宜上ここでは地元と言います)にある銭湯です。自転車や徒歩で行ける銭湯であれば密を避けて移動できるので行ってもいいかなぁと思ってちょこちょこ行っています。

もちろん自分でできる感染対策は徹底して行っています。

 

移動中に密にならないので少しだけ安心感?のようなものがあります。

そうやって、地元の銭湯に行っていて改めて思います。銭湯がやっていて本当に良かったなあ嬉しいなぁ気持ち良いなぁって。

 

新しい生活様式というか、色々なところに移動することが憚られてしまう状況なのでこれを読んでくださっている皆さんにも地元の銭湯に行ってもらいたいなって思う。

こういう時だからこそ、地元の良さっていうものに気が付くチャンスだと思うんです。

 

東京都内であれば、きっとあなたが住んでいる地域にも銭湯があると思うんです。

あちこちの銭湯に行くことも楽しいですが、地元の銭湯もやっぱり良いんです。

お風呂上りに地元のお店でテイクアウトして家で美味しいものを食べたり。

そうやって地元に貢献するチャンスでもあると思います。

 

地元の銭湯に行ったり、地元でテイクアウトをしたりしてやっぱり私は銭湯と街について何かお手伝いをしたいなって強く思いました。

 

私自身は絵を描いたりできるわけじゃないし、動画編集が出来たりするわけでもないです。こうやってブログを書いていますが特別文章が上手なわけでもないです。そんな私に何ができるかなあと思うと何かを直接お手伝いすることかなって思います。

そんなことで、少しずつですがお手伝いできることをやったりしています。(これは前々からnoteに書いていますのでそちらを呼んでもらえると嬉しいです)

 

銭湯の最大の魅力はやっぱり地域に根付いていることだと思うんです。

その銭湯を中心に街が活性化していくは理想形の一つな気がしています。

銭湯に人が集まれば、その街もおのずと活性化していくと思います。

ただ、その活性化は街に住んでいる人達の力が一番大事です。

 

と言うのも、今回みたいに移動することが憚られるとき地元の底力が試されるわけです。もちろん新規の方(一見さん)の力も必要ですが、やっぱり地域の方々の力ことが大事で必要で、とっても大切な気がしました。

 

そんなわけで、地元の銭湯とかお店とかそういうところで何かできることがあればやっていきたいなって勝手に思っています。

まあ、実際何ができるかも分からないしもしかしたら役立たずかもしれないけど笑

 

そんなわけで、本当に自分の住んでいる地域の素敵銭湯と素敵なお店を見つけるっていうそんなことをやってみてはいかがでしょうか。もちろん、感染症対策はばっちりとやってくださいね!

 

まとまらなかったけれども、こんな感じで今日は〆たいと思います。

 

地元って素敵ですよね。

 

がわ