アラサーの銭湯日記

銭湯、時々日常

銭湯日記その111

「がわくんが絶対に気に入るだろうなって銭湯があるんだよ~」

湯の合う友達からそんな連絡を貰った。

こんな連絡を貰ってしまうと、そりゃあもう気になって気になって仕方ない。

そうして、色々とタイミングが合いアテンドしてもらえることになって行ってきました。

f:id:miku778:20201011214816j:plain

板橋区にある「第二富士見湯さん」です!

看板には「富士見湯」とし書いてないけど、第二富士見湯さんで間違いありません。

さて、こちらの銭湯ですがとにかく『水』が良いとの事なんです。

また、ご主人も凄く気さくで優しい方だから話も合うと思うと。

 

下駄箱に靴を入れて、中に入ります。

明るく綺麗にされている休憩スペースです。

受付で470円とサウナ代金200円を支払って、サウナで使えるタオルを貰います。

サウナも抜群に良いとのことなので、もう入る前からワクワクしていました。

 

脱衣所は凄い広いという訳ではないけど、綺麗で明るくてどこかほっとする感じ。

そそくさとありのままの姿になって、すぐに浴室内へ!!

 

手前にカランがあって、奥に湯船がある関東ではオーソドックスなスタイルです。

まずは、カランで身体を洗うのですが・・・「うん?なんか肌当たりが優しい気がする」。

水の質が良いと聞いていたこともあるだろうけど、それにしてもしっとりと肌に馴染むけど所謂「軟水」ほどぬるぬるスベスベしたりしない。天然の化粧水みたいなそんな感じ。

これは湯船に入るのも楽しみだなあって思いながら、体を清めて湯船へ!

 

「あ~~~~~~~なんじゃこれ」

入った瞬間に声が漏れました。

むっちゃ気持ち良いんです。お湯の温度も抜群に良いし、何よりもやっぱり水がしっかりと肌になじみ込む感じ。水がはじかれるんじゃなくて、体に入ってくるようなそんな感覚。冗談抜きで、ずーっと入っていられるお湯ってこういうお湯の事を言うんだと思う。

 

内側からポカポカしてきたので、水風呂に。

水風呂もやっぱり「あ~~~~~~~なんじゃこれ」ってなりました。かけ流しだからややぬるめですが、そんなことが一切気にならない気持ち良さ。

お湯と水風呂の温度差が抜群に良いのか、めちゃくちゃ気持ち良いです。

 

この「気持ち良い」状態で体を拭いて、サウナへ。

サウナは高温のアチアチ系です。そして、演歌?が流れています。

2曲くらいを目安にしようかな~なんて思っていたらもうすぐに熱くなって耐えきれずに水風呂へ。

サウナのあとの水風呂の気持ち良さもやっぱり別格というか、ずいぶんと久しぶりにこの「最高潮に気持ち良い」っていう状況を味わった気がする。

 

しっかりとお湯も水もサウナも満喫して、休憩スペースで少しご主人とお話。

夏場だったので、少しだけ温度を下げたとおっしゃっていてそれが気候・水温・お湯の温度と抜群のコンビネーションを生み出していました。

「今のこのバランスが夏場は最高です!!!!」

ご主人にそうお伝えすると、少しはにかみながらも「ありがとうございます」と言っていただけてむしろこっちが「素敵な銭湯、ありがとうございます」と返答をしました。

本当にご主人も気さくで優しくって、良い街中銭湯だったなあ。

 

そして、帰りには湯の会う友達のアテンドで夜と言えばというところへ。

f:id:miku778:20201011220446j:plain

そうです。立ち食いソバですね。

銭湯後の立ち食いソバってなんであんなに美味しいんだろうなあ。

夜遅いのにミニカレーまで食べちゃった。

 

アテンドしてくれた湯の合う友達、ご主人にすっごく感謝です。

ありがとうございます。

 

それでは、また!!

 

がわ

 

www.1010.or.jp