アラサーの銭湯日記

銭湯、時々日常

さようなら20代、こんにちわ30代

今日は20代最後の日。

明日30歳とはじめましてをする。

ちょっと緊張しなくもないけど、いつもどおり。

でも少しだけ、「あーもう30歳かー」なんて思ったりしている。

 

子供の頃に思い描いていた30歳には遠く及ばない。

30歳なんて子供からするとすごく立派な大人で、結婚もして子供もいて、もしかしたらペット飼ってたりなんかしてるかもって思ってた。

 

現実は結婚はしていないので当然子供もいない。

ペットは飼いたいけど飼えるところに住んでない。

 

こんな風に書くとネガティブに思うかもしれないど、ところがどっこい全くそんなことは無い。

 

子供の頃の私よ、今、多分人生で一番楽しんでるぞ。

 

まさか30歳を目前として、会社を辞めて銭湯で働くことになるなんて想像もしてないだろう?

子供の頃からお風呂が好きだったから「えー!大好きなお風呂で働いてるの?」ってなるかもしれないけど。

 

結婚はしてないけど、たくさんの友達に恵まれてすごく楽しく濃い日々を過ごしているぞー。

 

あと30歳ってすごく大人(今も大人だって思ってるけど)そんなこと無い。身体的には大人になってるし、精神的にもちゃんと成長はしているから安心してほしい。

 

けどそれ以上に見識が広がって、色々なことに興味を持つ幅ができて、それを体験するために行動ができる。つまり大きい賢い子供みたいなもんだ。

 

Creepy NutsのRさんが昨年の武道館ライブで赤ちゃんって無敵、天才なんですよ的なことを言っていたけどまさにそのとおりだと思うんだよ。

 

さっき書いたみたいに大人になると色々な幅がでるから、色々なことをやろうと思えばできる。

ただ、賢い子供っていうのは考えることができるがゆえに自分で自分の行動を制限して、可能性を消してる。

 

今30歳を目の前にした私は、もう1回子供の頃の心を取り戻して天才になって(実際に天才ってわけじゃないぞ?)やりたいこと、興味あることにどんどん触れていこうと思っているんだ。

 

だから、子供の頃の私からみると30歳になる私も大差ないかもしれないな。けど安心してほしい。

ちゃんと色々と成長した上で、子供の頃の心を取り戻してるだけだからな。見た目も中身も大人になったけど、そこにスパイスとして子供の頃のあの無邪気で無敵で無鉄砲な心を入れてるんだ。

 

ただ無茶ができる20代とはおさらばすることになる。30代は30代のやり方があるだろうからまずはそれを模索していくことになるかな。

 

いつになっても理想の大人にはなれていないけど、なれていないからこそ「なにくそー」って駆け抜けられるってことを知っておいてもらいたい。

 

じゃあな子供の頃の私。

こんにちは。30歳になる私。

これからもよろしく頼むわ。

 

20代最後の私より。

 

追記

なんか書いてたら手紙テイストになっちゃったw

まあ良いや。とにかく子供の頃に思っていた理想の30歳にはなれていないけど、今自分が思う理想の大人には近づいてると思うから。