アラサーの銭湯日記

銭湯、時々日常

銭湯日記その115

こんにちわ。

超久しぶりの銭湯日記の更新です。

 

以前書いた通り、西尾久千代の湯で働き始めてから色々と余裕がなくって更新ができていなかったのですが相変わらずちょこちょこ時間作っては銭湯を巡ってます。

 

やっぱり銭湯日記は続けよう!!って気持ちが1年越しに蘇ってきたので更新です!

細々と頑張っていきたいと思います!

 

では早速、今回ご紹介するのはこちら!

デデーン!!

赤羽岩淵にある「岩の湯」さんです!!

 

もう行ったのは結構前なんですが、湯の合う友達より「がわくん絶対に好きだから行った方がいいよ!!」と教えていただいたので自転車で行ってきました。

 

外観からもわかるように古き良き銭湯です。

入口から男女に分かれる番台スタイルです。最近はこの番台スタイルも減ってきましたね。

 

脱衣所は広々としながら程よい暗さで落ち着きます。

この日本家屋って感じの脱衣所が凄く好きなんですよねぇ笑

 

ありのままの姿になって、浴室の扉を開けるとまず目に飛び込んできたのは可愛い可愛いタイルです。

足元をずーっと見てしまうような凄く可愛いタイルでした。

ペンキ絵ももちろん壮大で、さらに男女の境目のカランにもタイル絵があり贅沢でした。

 

身体を清めて入るお湯は熱めのはずなのに入りやすく、やわらかく包み込むようなお湯。

心地よくって、布団に入ってるかのようなそんな気持ちいお湯です。

ぼーっと高い天井を眺めながらゆっくりのんびり入るのに適している、そんなお風呂です。

 

まさに日常使いするならこういう銭湯だよなあ・・・ってしみじみと思いました。

 

赤羽駅からだとちょっと歩きますが、それもまたいい散歩になると思います。

古き良き、熱め、可愛いタイルと愛でるポイント満載の岩の湯さん。

是非行ってみてくださいね~!

 

www.1010.or.jp