アラサーの銭湯日記

銭湯、時々日常

銭湯日記番外編:雨の日の銭湯

 しとしとと雨が降っている日。

中には、気圧の変化で頭痛が出てしまう人もいると思います。

普段、通勤に電車を使わない方も電車を使ったりするのでいつも以上に電車が混んでいて余計に疲れてしまったり。

湿度も高いから、電車だけじゃなくて色々なところで疲労が溜まっていると思います。

しかも、雨の日ってなんとなく気分が沈んでしまうこともありませんか?

私はそんなことが起こってしまいます。

そんな日、いつも通りと言えばいつも通りですが銭湯に行きます。

 

雨が降っているからかわかりませんが、こういう日の銭湯は意外に空いていて湯船が貸し切り状態だったりします。

そうなると、いつも以上にゆっくりのんびりと体と心を休めることができます。

また、露天風呂があるところでは雨音を聞きながらちょっと黄昏ながらお風呂に入れます。・・・もちろん土砂降りだと露天風呂には行けませんが。

外気浴もできなかったりしますが、その代わり空いているカランの前に座ってぼけーっとすることが出来たりします。

意外にカランの前に座ってぼーっとすることってないんですよね。

こういう日で空いているからこそできる特権とでも言いますでしょうか。

"ととのい"からは離れているかもしれませんが、気持ちが落ち着くという観点からいくと雨の日の銭湯は格別です。

 

雨の日の銭湯は帰り道もちょっとだけ特別な気分だったりします。

普段はゆっくりと歩きながら、色々なところを観察しながら帰ります。

雨の日も同じように歩きながら、色々なところを観察しながら帰ると少しだけ景色に変化があったります。

雨に濡れているというだけで、街の雰囲気がガラッと変わったりするんですよね。

こういうことに気が付けたりするのも、雨の日の銭湯ならでは。

 

雨の日ってどうしても出かけたりすることが億劫になってしまうと思うんです。

そんな時は、家の近くにある銭湯に足を運んでみてはいかがでしょうか。

いつも見える景色がまた、違って見えるかもしれませんよ。

 

ちょっとノスタルジックなお話でした。

それでは、また。

 

銭湯日記その65

こんばんわ!

今日も相変わらずの寒さですね・・・!

昨日もめちゃくちゃ寒かったけど今日も本当に寒い。

こんな日も・・・もちろん銭湯に行きましょう!

寒い日こそ、銭湯ですよ!

 

そんなわけで、さっそく行きましょう!

今回行ってきた銭湯はこちらです!

f:id:miku778:20190211215454j:plain

f:id:miku778:20190211215510j:plain

江戸川区にある、仁岸湯さん@nigishiyu_sento )に行ってきました!!

仁岸湯さんは新小岩駅あるいは小岩駅からバスで行くのが良いそうです!

私は新小岩駅から歩いて行きました。新小岩駅からは一本道なので迷わず行けると思います。徒歩でのんびり歩いて25分くらいでしょうか。

ちょっとしたお散歩気分で江戸川の町を見ながら歩くのは気持ち良かったです。

 

下駄箱に靴を入れて中に入ります。

待合室は広々としているわけではありませんが、明るく、綺麗ですでにお風呂から上がったであろう地元の方々が和気あいあいとおしゃべりをされていました。

こういう銭湯って最近はなかなか見かけないからいいな~っと思ったり。

 

仁岸湯さんに連絡をしていたので、入浴前にご挨拶して少しお話をしました。

開店から常連の方が入られて、私が訪問した時はぼちぼち最初に入った方々が出ているタイミングだったとのことでした。

このように話している間も地域住民と思われる方が続々と入ってきます。

 

入浴料460円サウナは+250円です。

受付には女将さんがいらっしゃいました。

この時に一緒にスタンプも頂きました!江戸川区のオリジナルキャラクターめちゃくちゃ可愛いですよ!・・・正直、ゆっぽん君よりかわいいかも笑

 

暖簾をくぐって脱衣場へ行きます。

脱衣場も明るく、綺麗にされています!

そして先客多数!浴場内を覗いてみてもかなり先客が多いですね!

 

ありのままの姿になって、浴場へ。

左手側にカラン、右手側に湯船があるスタイルです。

仁岸湯さんはボディソープ、シャンプーが置いてありますので手ぶら入浴ができますね!

最近は手ぶら入浴できる銭湯が増えてきていて、個人的にはめちゃくちゃ嬉しい。

 

カランでささっと綺麗に体を洗い・・・お湯へ!

入って手前から、炭酸泉、白湯(ジェットバス)、薬湯の順に並んでいます。

一番人が多い炭酸泉へまず行きます。

炭酸泉はやっぱり良いですね・・・このぬるめの温度でずっと入っていられる。

泡付きもしっかりしています。私が行った時はここが一番混んでいました。

 

炭酸泉の後に白湯へ。こちらは40℃弱くらいの温度です。

お風呂として入る適温ですね。

ジェットバスだけではなく歩行浴もできます!歩行浴ってなんか気持ち良いんですよね。足裏刺激されるからかな?

ジェットバスは最近行った銭湯の中でもトップ3(個人調べ)に入るくらい強めでめっちゃ気持ち良かった。

 

そして薬湯は・・・木酢(もくさく)湯です。

最近こんな香りを嗅いだな・・・そうだキャンプに行ったときだ!

炭で火おこしした時のあのすごく好きな香りだ!!

木酢は炭焼き等をする際の副産物としてできる上澄みだそうです。

木酢湯もかなり人が入っていました。こちらは43℃くらい。熱めですね。

 

さあ入った時から気になっていたのですが階段があり上にあがれます。

上にいくと・・・サウナと水風呂があります!

サウナは私が大好きな無音サウナです。10人くらいは余裕で入れそうな広さです。

温度は100℃弱でめちゃくちゃ簡単に汗をかけました!

水風呂は20℃くらいで、これまたちょうど良いんですよね。

私は水風呂は冷たすぎるよりこのくらいが好きです。

 

再び炭酸泉を楽しんで上がりました!

 

ずっと地域の方が入っていて、浴室内でも色々とお話されていたり、待合室でもお話をされていたりとしっかりと地域に密着していると感じました。

銭湯の本来あるべき姿・・・とは違うかもしれませんが。

これぞコミュニティ銭湯!って感じの銭湯でした!サウナも炭酸泉も水風呂もあるので銭湯好きの方もサウナーの方も満足できると思いますよ!

素敵な銭湯だった!!

 

またお伺いしようと思います!

それでは!!

 

追記

f:id:miku778:20190211222220j:plain

デザインが可愛くてTシャツも購入させていただきました!

銭湯日記その64

こんばんわー!

昨日も今日もめちゃくちゃ寒いですね!!

めちゃくちゃ寒くて外出する気力がなくなるくらいだと思いました。

こんなにも寒い日こそ・・・そう銭湯に行かないとね!!

と、いうことで今日も銭湯に行ってきました。

それではさっそく行きましょう!!

f:id:miku778:20190210220442j:plain

大崎にある金春湯さんに行ってきました!!

 

kom-pal.com

 

金春湯さんの訪問は4回目・・・くらいかな?

 
(プレミアムおフロイデーの時の記事) 

miku778.hatenablog.com (初めて金春湯さんに訪問した時の記事)

 

早速下駄箱に靴を入れて、中に入ります。

広々とした待合室に畳があります。入った瞬間なんと言いますか、ホっとする。

そんな雰囲気の銭湯です。

番台で入浴料460円+サウナ代300円を支払い、サウナマットを受け取ります。

この時、下駄箱のカギをお渡しします。

金春湯さんは何度か来ていたのに、お遍路マップのスタンプを貰っていなかったので今日貰いました。

 

右手奥が女湯、左手側が男湯です。

暖簾をくぐり、扉を開けて脱衣場へ行きます。

 

脱衣場も広々としていて、脱衣場の真ん中にベンチ・・・というか座れる椅子があります。

脱衣場でささっとありのままの姿になって浴場へ!!

 

先客が結構います。

金春湯さんは入って右手側にカランがあって、左手側に浴槽があります。

シャンプー、ボディーソープがありますので手ぶらで入浴できちゃいます!

カランから出るお湯は結構熱めですが、この寒い季節には丁度良いです。

 

浴槽は入口から一番手前が水風呂、真ん中がジェットバスがある縦長な浴槽、奥がバイブラの少し小さめの浴槽。

丁度奥にあるバイブラの浴槽に誰もいなかったので、そこに行きます。

お湯の温度は40℃くらいです。

前の記事にも書いたのですが、実家で入るお風呂と同じくらいの温度でめちゃくちゃ気持ち良いんです。本当にほっとするんですよね何故だろう・・・何故だろう。

 

次にジェットバスのある浴槽へ。

こちらは一番広々としています。こちらも40℃くらいの温度。

ジェットバスを背中に受けながら、ボーっとしているこの瞬間が至福の時です。

しっかりと体が温まったので、水風呂へ。

 

水風呂は20℃くらい。冷たすぎず、ぬるすぎずでこれまたちょうど良い。

水風呂の正面に座れるところがあるので、休憩もできちゃいます。

 

サウナは私が入った時は90℃くらい。

入口でずっと謎の体操しているおじさんがいて正直ちょっと入りにくかった笑

サウナは私が大好きな無音サウナです。最大で8人くらい入れる広さでしょうか。

今日、マッサージを受けた後だったので血流が良かったのかめちゃくちゃ汗が出てくるスピードが速かった。

サウナを出て、汗を流して水風呂に入ると一気に甘みが出る。

めっちゃ気持ち良いです。

 

その後もう一回サウナに入って、休憩して湯船→水風呂で〆ました。

 

お風呂上りは、畳の休憩スペースで一息つきました。

f:id:miku778:20190210222553j:plain

つぶらなカボスの量が絶妙で、もう一本飲むかめちゃくちゃ悩みました笑

 

金春湯さんはやっぱりめちゃくちゃ落ち着く銭湯です。

皆様も是非行ってみてください!心も体も落ち着きますよ!

f:id:miku778:20190210222839j:plain

また来たくなるくらい可愛い絵。

 

それではまた!

 

追記

金春湯さんオリジナルTシャツ買うの素で忘れてた。

また行くときに買おう!

 

銭湯日記番外編:朝風呂の気持ち良さ

こんばんわ。

今日は朝風呂の気持ち良さについて書こうと思います。

 

朝シャワーを浴びるのが日課な方、意外に多いのではないでしょうか。

朝起きて、太陽の光を浴びてシャワーを浴びるって気持ち良いですよね!!

そんな素敵なシャワーを湯船につかる、ということに変えてみませんか?

(まあ私も毎日朝風呂しているわけではないのですが・・・笑)

 

最近、朝風呂をやっている銭湯がいくつかあるのです。

例えば、都内最大級の銭湯である鶯谷の萩の湯さん。

朝風呂の時間に行くと、サウナが無料で入れます。

しかも、通常営業時と同じように露天風呂にも入れます。

つまり・・・朝日を浴びながらの入浴ができてしまうんです!!

広々とした湯船に朝から浸かるという、罪悪感と優越感の狭間の感覚。

これはたまりませんよ!!

 

例えば、東京銭湯-TOKYO SENTO-さんが運営をしている川口にある喜楽湯さんも朝風呂をやっています。

こちらは平日ではなく土日限定ですが。

喜楽湯さんは街中の銭湯ですが、朝行くとこれまた気持ち良いんです。

天気が良い日に行くと、浴室の窓から朝日が入り込んできてめちゃくちゃ清々しい気分になれます。

喜楽湯さんもサウナがあるので、朝ウナもできてしまいます。

休日に、朝から入るお風呂はめちゃくちゃ乙なものなんです。

 

例えば、駒込の殿上湯さんも毎週日曜日限定で朝風呂をやっています。

まだ殿上湯さんの朝風呂は行けていないのですが、お風呂上りに入れたてのコーヒーを購入出来て飲めるとか・・・。

風呂上りと言えば、ビールが最高ってのは最早多くの人が知っているかと思いますが、

朝風呂上りに飲むコーヒーはまた格別そうですね・・・!

日曜、昼まで寝ていることが多いので行けていないからなんとか行きたい!!笑

 

朝から風呂に入ると疲れちゃう??って思う方。

夜に入るようにゆっくり時間をかけて入ると眠くなってしまうと思います。

しかし、すこしゆっくりしてサッパリとするくらいの気持ちで入れば、その日1日の活力がわいてくると思います!

 

銭湯で素敵な朝風呂活動、是非やってみてください!!

 

それでは!!

 

追記

私は、朝早起きができた時や仕事がゆっくりでも大丈夫な時に朝風呂行きます。

 

 

銭湯日記番外編:ととのいからの離脱

ととのいに関する記事を昨日書きました。


miku778.hatenablog.com

 

しかし、実は最近私はこの"ととのい"を追い求めることをあまりしなくなってきました。

今日はそんなお話を書こうと思います。

 

"ととのい"については昨日書いた記事の通りです。

熱いお湯と水風呂、サウナと水風呂に交互に入ることである種のトリップした感覚を得ることができます。

正直、このととのいはめちゃくちゃ気持ち良いですし意味わからないくらい自律神経が整います。精神的にも肉体的にも快調になります。

 

ただ、気が付いてしまったんです。

ととのいを追い求めるあまり、銭湯を楽しめなくなっている自分がいました。

どういうことかというと、銭湯に行って湯船につかると、「水風呂に入らなきゃ・・」や「外気浴しないと・・・」、「次は熱湯に入って・・・水風呂入って・・・」って色々考えてしまうようになっていました。

要するに、"義務感"が出てきてしまったのです。

こんな風になる私みたいなのはごく少数だと思うのですが・・・笑

一度、成功体験というか良い経験をしてしまうとそれを追い求めすぎてしまう。

そんな感じでしょうか。

 

だから最近私は銭湯に行くとそういうことは考えないようにしました。

好きなようにお湯に入り、好きなように水風呂、外気浴を楽しむ。"ととのい"が得られたらラッキーくらいな感じです。

"ととのい"が得られなくても、銭湯に行けば普通にリフレッシュできますので!

広々とした湯船、天井がたかい浴室、綺麗にされている脱衣場等々・・・・。

そういうことを改めて楽しむように心がけています。

 

"ととのい"が得られないことも多々ありますが、銭湯を楽しむにはこれで十分なんです!

 

ただ、やっぱり"ととのい"が欲しい時には結構色々と考えてしっかり行きます。

そんな感じで毎日楽しく銭湯行ってます!!

 

まとまらなかったけど終わり!

それでは!!!

 

 

銭湯日記番外編:ととのい?

 

銭湯が好きになって、水風呂に入るようになって、そのままの勢いでサウナにも入るようになりました。近年、空前のサウナブームということもあり、サウナに入り始めた頃にネットでサウナについて色々と調べました。

すると、絶対と言っていいほど「ととのい」あるいは「ととのった」という言葉が出てきました。

この「ととのい」「ととのった」という言葉はサウナでトリップしたような感覚になった時を表現する絶妙な言葉みたいです。

かくいう私も、初期のころは銭湯日記で「ととのった」とよく使っていました。

 

そうです、銭湯日記でも使っていたことから分かると思いますが銭湯でも「ととのった」感覚を得ることはできるんです!!

というより、交互浴が出来れば基本的に「ととのった」という感覚を味わうことができます。

 

このととのった感覚ですが、銭湯で感じる「ととのい」とサウナで感じる「ととのい」が何となく違うような気がするのです。

そこで、今回は銭湯日記番外編、ととのいについてです!

 

※これは個人的な感覚で、エビデンス等は一切ありません!

それでは行きましょう。

 

【銭湯での"ととのい"について】

さて、銭湯でととのいを感じるにはどのようにすればよいでしょうか。

答えは簡単です。お湯と水に交互に入るだけです。

ただし、入り方は人それぞれです。

例えば・・・・私の入り方は下の感じです。

 

①ぬるめのお湯がある時はぬるめのお湯に入る

②額にしっとりと汗をかいてきたら、熱湯に入る。

③熱湯でしっかりと体を温める

④水風呂に1分程度入る

⑤休憩(露天風呂があれば外で外気浴)

 

こんな感じで入浴してととのいを感じることができます。

銭湯で感じるときの"ととのい"は精神的にすっきりする・・・という感覚はあまりないです。

どちらかと言えば、肉体的に程好い疲労感が溜まりとっても眠くなります。

おそらく、温度変化や水圧によるものだと思います。また、自律神経を強制的にリセットするためそれも負荷になっているんだと個人的に感じています。

いずれにしても、すっきり!というより早く休もうって感覚ですね。

そして、早めに眠りにつくと次の日めちゃくちゃすっきりしてるんです。

 

銭湯でのととのいは次の日の朝までを含めて、"ととのい"だと思います。

 

【サウナでの"ととのい"について】

さて、サウナでのととのいの感じ方も基本的には銭湯と同じです。

 

①お湯で体をしっかり温める

②サウナに入る(7分~10分くらい)

③水風呂へ入る

④休憩(露天スペースがあれば露天で休憩)

 

基本は同じです。

サウナでの"ととのい"は、メンタル状態をリセットできることが多いですね。

スイッチをOFFにする感覚でしょうか。

サウナ→水風呂を繰り返すことで頭の中がすっきりとクリアになる感覚です。

同じくらいの負荷がかかっているとは思うのですが、銭湯の時のように眠くなることはあまりないです。

自律神経を強制的にリセットする力がサウナの方が強く感じます。だからなのかわかりませんが、快感指数はサウナ→水風呂の方が高いとは思う。

頭の中がすっきりとクリアになり、食欲が増進してくる。

 

これがサウナでの"ととのい"だと思います。

 

【まとめ】

あくまで個人の感覚なので、全然違うよ!!って方もいると思います。

でも、私はこんな風に感じていることが多いんです。

なので・・・私は肉体的に疲労がある時はサウナ無しの銭湯に行き交互浴をします。

仕事などで精神的にしんどい時にはサウナ付きの銭湯に行きサウナを満喫します。

意外にこの使い分けが銭湯を楽しむにあたって大事だったりすることに最近気が付きました。

 

"ととのい"は個人個人で感じ方が違うので、自分にあった入浴方法を見つけて楽しい銭湯・サウナライフを送ってください!

それではまた!!

銭湯日記その63

こんばんわ!

銭湯日記その63です!!

昨日、金春湯さん、仁岸湯さんと飲んで銭湯の話したのでモチベーションは高めです!

それでは、さっそくいきましょう。

今回行ってきたのは、こちらの銭湯です。

f:id:miku778:20190127213825j:plain

世田谷区にある、天然温泉そしがや温泉21さんに行ってきました!!

新宿にちょっと用事があったので、その足でそのまま行ってきました。

こちらは、もうとても有名な銭湯ですね・・・!!

え!!今更行ったの??って思われる方もいるかもしれませんが、今更行ってきました・・・。笑

 

そしがや温泉21さんは、小田急祖師ヶ谷大蔵駅から徒歩5~6分のところにあります。

駅から5~6分というのはとても魅力的です。5~6分歩くと住宅街の中に上の写真の看板が見えてきます。これは・・・テンション上がりますね!!

 

中に入ると、すぐに券売機があります。

入浴料は460円、サウナは300円、入浴料+サウナセットで680円です。

入浴料+サウナセットはフェイスタオルとバスタオルもついてくるんです!

天然温泉で、この値段・・・・家のそばにあったら毎日でも通ってしまいそうです。

 

券売機で入浴券を購入して、建物の中に入ります。

下駄箱に靴を入れて、左手側に受付があります。

受付で入浴券と下駄箱のカギを渡して、タオルセットとロッカーのカギをもらいます。

受付のおばちゃんから、680円のチケット10枚で1回入浴無料になるよ!とのことです!!

 

暖簾をくぐって脱衣場へ行きます。

入ってすぐが、休憩スペースになっていてさらにその奥に行くとロッカーがあります。

ロッカーは地元の方と思われる人たちで結構混みあっていました。

ささっとありのままになり、いざ浴場へ。

 

入ってすぐに、「かけ湯」と「かけ水」というものがあります。

かけ湯は他の銭湯と同じで、湯船に入る前に浴びるもの。

かけ水はあがる時にかけるそうです。面白いですね・・・。

 

カランが左側にあって、右手側に湯船があります。

体を綺麗にして、まずは真っ黒な湯船へ。

そう、天然温泉とはこれです!東京ではめちゃくちゃ有名な黒湯です!

40℃くらいのお湯で、なんとなくぬるぬるしていますね。黒湯いいなぁ。

 

黒湯を楽しんだら、サウナへ行きます。

途中、シルキーバスもあったんですけど電気びりびりで入るの諦めました。

サウナは10人くらいが入れる広さで、無音サウナです。

やっぱり私は無音サウナが好きだな~しかもめちゃくちゃ暗めのサウナで色々と考えることが出来ました。

 

水風呂は二人くらいしか入れないですが、20℃くらいで入りやすい!

そして・・・冷凍サウナというものに向かいます。

マイナス10℃くらい?らしいんですが、入った瞬間寒くて凍えてすぐに外に出ました。これは私、苦手です。ちなみに、冷凍サウナは1人しか入れません。

冷凍サウナの隣にミストサウナがあります。ミストサウナはサウナ代なしで入れますよ~!

 

サウナ料金を払った人の特権、外に行きます。

なんと、外には・・・・ミニプールがあります!!

ミニプールですよミニプール!!泳げちゃうんです!!

10分くらい一人でのびのび泳いでいました。

ミニプールの横に、ジャグジーがあるんですけど私が行った時は学生っぽいグループがずーっと居座ってて入れませんでした。

これだけが、ちょっとショックだったなぁ。常連の方々は譲り合ってたのにその学生グループだけ色々と占領してて・・・。

まあそれは置いておいて。

しっかりと気持ち良くなったので、あがりました!
(もちろんかけ水しました)

 

色々と楽しめるようになっていて、めちゃくちゃ楽しい銭湯でした!

アミューズメント銭湯って感じですね!温泉もあって、最高!

ぜひ皆さんも行ってみてくださいね!

それでは!

 

www.soshigaya-onsen21.com