アラサーの銭湯日記

銭湯、時々日常

銭湯日記その75

こんばんわ!

 

最近は天気が良くて心地よい日々が続いていますね。

ちょっと暑い日もあったりして、夏の近づきを感じる日も増えてきました。

夏の前に、梅雨っていうジメジメした季節がありますがそれはそれとして。

こんな素敵な季節に5月限定(現時点)で、朝風呂をやっている銭湯があるので行ってきました!

銭湯好きのみならず、めちゃくちゃ有名な銭湯です。

f:id:miku778:20190519210512j:plain


f:id:miku778:20190519210456j:plain

皆様ご存知、高円寺にある交互浴の聖地小杉湯さんの朝風呂に行ってきました!

あの小杉湯さんが朝風呂なんて、近くに住んでいる人は本当にずるいと思います。

 

暖簾をくぐると、下駄箱に空きがあります。

普段、小杉湯さんはめちゃくちゃ混んでいるのですがこの時点で「これは・・・」って期待してしまいます。

塩谷さんのグッズが置いてる入口から中に入り、番台で入浴代460円タオル代40円合計500円を支払います。

色々なところで宣伝されておりますが、小杉湯さんのバスタオルは今治タオルのイケウチオーガニックさんのものを使っているんです!

どういうことか、分かりますか?お風呂上りに、ふわふわの柔らかい今治タオルに包まれる感覚を味わえるんですよ。しかも、小杉湯さんで交互浴した後に。たまらないですね。

 

脱衣所へ入りますと・・・通常営業時間よりもやっぱり空いている!

これ、めちゃくちゃ嬉しい!!

ありのままの姿になって浴場へ。

手前にカラン、奥に湯船がある関東ではオーソドックスなスタイル。

シャンプー・ボディーソープ等々のアメニティもかなり充実しているので本当に手ぶらで行ける銭湯です。

身体を洗ってまずはミルク風呂へ。

ほのかにバターのようないい香りがする、真っ白なミルク風呂。

温度もちょうど良く、肌がしっとり潤ってくる感覚がなんとなーくわかります。

身体が温まってきたら熱湯へ。今日の熱湯はゆずでした。

ゆずってお風呂上りのポカポカがいつも以上に継続するんで好きなんですよね。

充分に身体が熱くなったら・・水風呂へ。

普段待ちができる水風呂も、この時間だと待つことなく入れいます。

これに感動しました・・・・。感無量。

やっぱり小杉湯さんの水風呂は言葉で表すことが難しいくらい良い。

水風呂と自分の体の境界線が無くなってくるような感覚は小杉湯さんが一番味わえます。

ちょっとカランの前に座って休憩します。天井の窓から差し込んでくる光と他の人が動く音を聞きながらゆっくり目を閉じると心が整っていきます。

休憩後ジェットバスに行くと、東京スパイスというお湯でした。

これもまた気持ち良いです。

その後は水風呂→ミルク風呂→熱湯→水風呂を3回回って上がりました。

お風呂上りに、今治タオルに包まれる幸福感は何にも変え難いですね。

本当に気持ち良い。あ風呂上りにアンケートを記載しました。

 

小杉湯さんの朝風呂、ゆっくり入れるし朝から小杉湯で交互浴ができるっていう贅沢が本当に良かったです。

スタッフの方々は大変だとは思うのですが、来月以降も継続してくれたら嬉しいなぁ・・・。

来週も朝風呂やっているので、行こうと思います!

 

それでは!!

 

銭湯日記その74

ご無沙汰しております。

相変わらず銭湯には2、3日に1回のペースで行っているんですが中々新規開拓が出来ていませんでした。

しかし、久しぶりに新規開拓してきたので、さっそくご紹介しようと思います。

それでは行きましょう。今回行ってきた銭湯はこちらになります。

 

f:id:miku778:20190513215441j:plain

f:id:miku778:20190513215452j:plain

北区にある飛鳥山温泉さんに行ってきました!

温泉という屋号が付いていますが、温泉ではありません。

しかし、写真にも書いてあるように井戸水100%の銭湯です!

これは、楽しみですね。

 

扉をくぐって中に入ると昔ながらの下駄箱がお迎えしてくれます。

中に入ると・・・小さな旅館というか民宿のような雰囲気の待合室です。

何かに似てるな・・って思ったんですけど、雰囲気が学生の時の合宿所のような感じだ!!こういう雰囲気が好きな人にはかなり刺さる銭湯だと思いますよ。

 

受付式の番台で支払いをします。

なんと、飛鳥山温泉さんは電子マネーで支払いができます。

確かSuicaとかだけじゃなくて、iDも使えた気がする。

サウナセットは750円です。通常、入浴料は460円サウナが300円。セットにすると10円お得になります。ちょっとうれしいね。

サウナセットの場合は、下駄箱のカギとロッカーのカギを交換し、タオルセットを受け取ります。

暖簾をくぐり、脱衣場へ。

 

脱衣場は想像よりも広く、綺麗にされています。

たぶん前に改装したんだろうなあと思う雰囲気です。

ありのままの姿になって、さっそく浴場へ。

浴場は右手側に湯船、左手側にカランがあるスタイル。

湯船の奥にサウナがあり、カランの奥に水風呂と露天風呂があります。

また、飛鳥山温泉さんはシャンプー・ボディーソープが置いてあるんです。

やっぱりシャンプー・ボディソープが置いてある銭湯は嬉しいですね。

身体を清めて湯船へ。

 

優しいお湯で40℃くらいです。

肌ざわりが硬すぎず柔らかすぎずで、どこかほっとするお湯です。

温泉じゃないけれども、心が落ち着くお湯って素敵なんだよなぁ。

ジェットバスは固くなった体が程よくほぐされる力です。

電気風呂は・・・今回も飛ばしました。。。まだまだ電気風呂は苦手だ。

水風呂は20℃以上で、普段から冷たい水を求める方には物足りないかもしれない。

でも、私はこのくらいの水風呂が入りやすくて好きなんです。

そのまま露天スペースへ。露天スペースには2つ椅子があり外気浴ができます。

露天風呂は所謂半露天的ですが、しっかりと日の光は入ってくるし風も十分抜けていく。

露天風呂はたぶんラドンを溶かしているお湯。(なにか説明書きがありました。)

温度は40℃くらいでやっぱり優しい温度。非常に気持ち良いです。

 

露天風呂も満喫したらサウナへ!

サウナはコンフォートサウナで少し聞こえる音楽、90℃くらいで湿度が良い感じだからかかなり汗をかきました。

サウナに入るとちょっと水風呂の温度が物足りないけれども、外気浴でばっちり!

しっかりとお湯、サウナを満喫して上がりました。

 

最初にも書きましたが、小さな旅館・民宿のような雰囲気があるどこか懐かしい銭湯でした!!

王子駅から徒歩10分くらい(飛鳥山公園を抜けていける)なので、是非行ってみてください。

 

それでは!

 

asuka1010.main.jp

 

銭湯日記番外編:新社会人の皆様へ告ぐ

 新年度がスタートしてもうすぐ1か月が経とうとしています。今週が終わってしまえばすぐにGWがやってきます。今年のGWは元号の変更もあり10連休の方が結構いらっしゃるかと思います。GW前には給料日もありますね。(会社によっては違うかもしれませんが)

新入社員の皆様は初めてのお給料になると思います。しかし、ここまで初めての環境で毎日新しいことに取り組んで心身共に疲れていませんか?

 

そんな新入社員の皆様に告げます!!銭湯へ行きましょう!!

GWに温泉旅行に行くから銭湯なんていいや。

家でシャワー浴びてるしいいや。

正直めんどくさい。

 

そんなありきたりな考えは捨てましょう!!

 

銭湯って近場のリフレッシュスポットなんです。460円でそんな近場のリフレッシュスポットを味わえるってすごくないですか?

ここからは銭湯について熱く語ろうと思います。

 

例えば、家でシャワーを浴びる派の新社会人の方。

確かに、シャワーで済ませれば時間を短縮することができるとは思います。

特に新しい環境で毎日仕事をしていると早く寝たいという気持ちからシャワーで済ませてしまうことが多くなると思います。

しかし、体が充分に温まらないので疲れが取れないと思います。さらに、体温が上がらないと寝付きが悪くなってしまい結果的に疲れが体に残ります。

しかし、銭湯に行くとどうなるでしょうか。大きい湯船にゆっくりと体を預けることでしっかりと体温が上がります。そうなると、寝付きが良くなり次の日の朝がすっきりと迎えられると思います。

 

例えば、温泉派の新社会人の方。

温泉に入るには遠くに行くことが多いですよね。少しでも仕事から離れて・・・って気持ちはとても分かります。都会の喧騒から離れてのんびり温泉に入る・・・それはそれでとっても素晴らしいですし心身ともにリフレッシュできると思います。

ですが、、、時間もお金もかかりますよね。新入社員の時の旅行の出費って結構大変なんですよね。私も大変でした。

そんな時こそ近くの銭湯です。

特に東京都内では温泉が出ている銭湯が結構あります。東京で有名なのは黒湯です。

この黒湯が入浴料460円で楽しめてしまうんです。温泉を楽しんだ後に、ちょっと街中を歩いて居酒屋に入ってみてください。同じ環境でもちょっと違った景色が見えて気分転換ができると思いますよ。

 

例えば、体の疲れが全く取れない方。

毎日会社の歓迎会やなんやらで飲み会が多くて、全然疲れが取れないって新社会人の方、多いのではないでしょうか。そういう方こと、銭湯に行って欲しいんです。

銭湯に行くと多くの場合、水風呂があります。

お湯に入る、水風呂に入る、を交互に繰り返す交互浴をしてください。

交互浴は自律神経を強制的に整えることで、熟睡できるようになります。するとどうなりますでしょうか。次の日、体が軽くなると思います。(個人的な見解です)

しかも、交互浴を楽しんでいるときってよくわからないのですがかなり気持ち良いんですよ!!!オススメです!!しかも、この交互浴はスポーツ選手も疲労回復のために取り入れていたりします。(野球では何度かニュースになって取り上げられていました)

 

いかがでしょうか。少しでも銭湯の魅力が伝わると嬉しいです。

結局のところ、広々とした湯船につかりながら高い天井をぼーっと見上げる。

この時間は頭の中が空っぽになるので、新しい環境で頑張る皆様の疲れもきっと癒してくれると思います。

是非一度、銭湯に行ってみてください!行ってみないとこの気持ち良さは分からないので。百聞は一見に如かずですよ。

 

それではまた!!

 

がわ

 

 

 

 

 

銭湯日記その73

こんばんわ!

久しぶりに連続の更新です!

2週間くらい前に行った銭湯について、記事を書いていなかったので今日はそれについて書こうと思います。

早速いきましょう。今日ご紹介するのは、こちらの銭湯です。

f:id:miku778:20190422222148j:plain

杉並区にある、吉の湯さんです。

吉の湯さんは高円寺からバスに乗っていくと良いです。

詳しくはホームページをご確認ください!

 

yoshinoyu.sakura.ne.jp

(バスが便利と書きましたが、のんびり歩いて行けないこともないと思います)

 

下駄箱に靴を入れて、中に入ると左手側に券売機があります。

券売機で、入浴料+サウナ代850円を支払います。

色々な人から、吉の湯さんは良いぞって聞いていたのでワクワクが止まりません。

 

男湯の暖簾をくぐり、脱衣場へ入ります。

脱衣場はとても広いというわけではありませんが、明るく綺麗にされています。

サウナ利用者専用のロッカーを使います。

ありのままの姿になって、浴場内へ。

真ん中に湯船があり、その周りにカランがある関東では比較的珍しいスタイル。

湯船にはジェットバスや電気風呂があります。

そんな湯船を横目に、カランで体を綺麗に洗います。

綺麗になったら、湯船に・・・・!

 

お湯の温度はおそらく40℃~42℃くらい。

かなり入りやすくて、気持ち良いですね~~~。

ゆっくり浸かって、露天スペースへ行きます。

露天スペースには、水風呂炭酸泉壺湯があります。この日は土曜日で、壺湯は所謂黒湯の日でした!やったぜ黒湯だ!!

ただし、黒湯は後にしてまずは炭酸泉へ。

ぬるめの炭酸泉ってなんでこんなに気持ち良いんだろう。。

どこの銭湯に行っても炭酸泉ってずっと入っていられるんですよね。

炭酸泉を満喫して、水風呂で体を締めてサウナへ!

吉の湯さんはサウナが露天のところにあるんですよね。

サウナはロッキーサウナで温度は90℃を示していました。湿度もちょうど良くて息苦しくないです。5分~8分程度入ると驚くくらい汗が出てくるので外に出ます。

汗を流して、水風呂へダイブ!!

んーーー気持ち良いですねやっぱり。水風呂の後にはそのままととのイスに座って外気浴。この日は快晴のいい天気で、日差しと風を感じながらの外気浴は贅沢でした。

外気浴の後は壺湯へ。かなり熱めです。おそらく43℃以上ではないでしょうか。

しかし、黒湯ってだけでテンション上がっているのでしっかり入りました。

 

その後、サウナ、水風呂、炭酸泉を満喫して上がりました。

 

サウナ、水風呂、外気浴の動線がばっちりでした!

これは銭湯好きだけでなく、サウナーも満喫できる作りですね。

総じて高クオリティな銭湯でした。また時間がある時に行きたいなぁ。

 

それでは!

 

がわ

 

 

 

銭湯日記その72

こんばんわ!!

とてもお久しぶりですね。

最近、驚くほど仕事が忙しくて銭湯には行けないし、夜はなかなか寝付けないしで色々と大変でした。

その結果、ブログの更新が全然できませんでした。

(単なる言い訳にしかすぎませんが・・・)

ですが、久しぶりに更新できる時間が出来ました!!

前置きはこれくらいにして、さっそくいきましょう。

今日ご紹介するのはこちらの銭湯です!

f:id:miku778:20190421202559j:plain

大崎にある金春湯@kompal_osaki )さんに行ってきました!

昨日、今日と金春湯さんは「お茶まみれ」というイベント?をやっていました!

 

 

どういうことかと言いますと・・・・、お湯がお茶、シャンプーもちゃんぷー、サウナもちゃうな、水風呂は水だし茶というお茶だらけの一日です!!

f:id:miku778:20190421203154j:plain

入口ではべっぴんさんがお迎えしてくれました。

ちょっとあんにゅいな表情が良いですね笑

 

中に入ると・・・とってもよいお茶の香りがします。

お茶のお香?のようなものを焚いていたようで、とてもほっとする感じです。

受付で入浴料460円とちゃうな代300円を支払います。

サウナマットと下駄箱のカギを交換して、脱衣場へ。

 

脱衣場でささっとありのままの姿になって浴室内へ行きます。

浴室内に入ると、ほのかにお茶の香りがします。いいですよね。

身体を洗って、ちゃんぷーで髪を洗って湯船へ入ります。

奥の湯船が、お茶湯になっていました。緑茶の色でしっかりとお茶の香りがします

金春湯さんのお湯の温度は非常に入りやすいんですよね。塩谷さんの銭湯図解でも「実家みたいな銭湯」として紹介されていますが、本当に実家で入るお風呂みたいな感じでとても落ち着くんです。そこに日本人にとって非常に身近なお茶が使われることによって、いつも以上に心も体も落ち着きました。

身体を温めたら、サウナ・・・じゃなかったちゃうなに行きます。

 

ちゃうなはいつも通りの金春湯さんのボナサウナにお茶の香りがします。

無音で精神統一がしやすいサウナ+お茶の香りでいつも以上に気分がすっきりしました。ちゃうなの後は水だし茶(水風呂)に入ります。

ここもお茶で私もお茶なのでは?って錯覚してました。

休憩を挟んでサウナを3セット。

もう一回お茶湯を楽しんで上がりました。

 

休憩スペースでは、お茶の試飲ができました。

私は玄米茶が一番好きで、玄米茶を購入しました。

f:id:miku778:20190421204942j:plain

購入したのは、「ちゃばこ」です。たばこではありません、「ちゃばこ」です!

たばこのようなパッケージにお茶が入っているんです。水に溶かして飲めるんですよ!

パッケージがめちゃくちゃ良いですよね!

f:id:miku778:20190421205215j:plain

(ちゃばこです。めちゃくちゃデザイン良いですよねぇ)

 

金春湯さんの実家のようなお湯、休憩室の畳、そしてお茶。

全てが相まって、とっても気持ち良かったし落ち着きました!!

相性が抜群だったんだなあって思います。

 

皆さんも是非、金春湯さんに行ってみてください!!

それではまた!

 

がわ

 

 

 

 

 

銭湯日記番外編:やっぱり好きな銭湯

こんばんわ。

今日もまた、銭湯に関する記事です。

番外編ですが、やっぱり好きだなぁって思った銭湯について書こうと思います。

ええ、今日も行ってきてやっぱり良いなぁって思った銭湯です。

正直、いくつもあるのですが今回はこちらです。

f:id:miku778:20190327221517j:plain

(以前撮った写真で申し訳ないですが・・・)

荒川区の梅の湯さんです。

 

梅の湯さんは綺麗で、休憩室も広々と明るくゆっくりできる銭湯です。

二階が受付になっています。券売機で460円を入れて入浴券を購入します。

入浴券を渡して暖簾をくぐって脱衣場へ行きます。

脱衣場も明るく綺麗で落ち着きますね・・・・。

ありのままの姿になって、浴場内へ!

 

白を基調としたとっても明るい浴室です。

男湯は左手側にサウナ、水風呂、高濃度水素風呂、ジェットバス等、薬湯があります。

右手側がカランで、奥には露天風呂があります。

この雰囲気が本当に好きなんですよ・・・言葉でうまく表現することが難しいのですが。

梅の湯さんは2016年にリニューアルしているのですが、古き良き銭湯の雰囲気がしっかりと残っているのが分かるんです。

シャンプー・ボディーソープもありますので、手ぶら入浴できるんです。

あと、鏡とかカランがいつも綺麗で驚き一杯。

身体を清めたら、まず高濃度水素風呂へ行くのが私のお決まりパターンです。

高濃度水素風呂は38℃~40℃くらいでややぬるめでゆっくり入浴できます。

7分程度はいることで、全身に水素がいきわたり疲労回復等の効果が得られると考えられているそうです。広々とした湯船なので足を延ばしてぼけーっと入れます。

 

水素風呂でポカポカになってきたら、薬湯に行きます。

薬湯は日替わりで今日はカモミールでした。カモミールの香りはとても心が落ち着くのでストレスがかかった日にはばっちりです。

薬湯は42℃くらいでやや熱めです。

この後は、水風呂でクールダウンして露天スペースで休憩します。

露天風呂は天窓になっているので、上を見上げる。

夜空を見てると気分がリフレッシュできます。

 

サウナは460円の入浴料だけで入れてしまうんです。

5人程度が入れるサウナで、落ち着く音楽が流れています。

サウナマットがあるので、サウナマットをもって7分~10分程度瞑想。

梅の湯さんのサウナが実は一番好きかもしれない・・・それくらい良い。

水風呂へ行き、また露天スペースへ。

 

この後、露天風呂・水素風呂・薬湯を満喫して水風呂で〆て上がります。

お風呂あがりは・・・これだ!

f:id:miku778:20190327223128j:plain

フルーツ牛乳

風呂上りのビールもいいですが、フルーツ牛乳も良いのです。

オススメです。

 

やっぱり何度来てもいいなぁって思う銭湯です。

梅の湯さん、良いですよ~!

皆様も是非行ってみてくださいね。

それでは!

 

arakawa-sento.jp

 

ふっと、立ち止まってみる

 最近、銭湯・サウナ関係の方々だけでなく、色々な方とTwitterで仲良くさせていただいていてとても楽しいと感じている。それだけでなく、 Twitterを通して仲良くなった方とお会いする機会が何度かあった。とてもありがたいことに私のこのブログを読んでくださっている方がいらっしゃって非常に嬉しかった。お世辞かもしれないけれども、銭湯好きの方も読んでくださっているとお聞きしたときは心が躍るくらい嬉しかった。

Twitterでもさらっと読めると言っていただけたりして、本当に嬉しくて嬉しくてたまらなかった。

 そうしてブログの話をしている際に、「アクセス数はどうなんですか?」と聞かれた。そういえば、アクセス数はほとんど気にしたことが無かった。

私のこのブログは所謂、『銭湯に行くにあたって役に立つ』『各銭湯の詳細な情報を知る』には全く役に立たないと思う。ブログタイトルの通り私が銭湯に行った日記として、備忘録として書いているので・・・。だからこそ、全く気にしていなかった。

しかし、人から聞かれると自分でも気になってしまうのでふっとアクセス数を見てみたら9000を超えていた。こんな取り留めもないブログをこんなにも沢山の方々に読んでいただいているなんて思ってもみなかった。(人気ブログとかと比べるとなんだコイツってなるとは思いますが・・・笑)

本格的に銭湯日記を書き始めて1年が経ち、ありがたいことにアクセス数も10000が近くなっていることに気が付いたので、少しこのブログについて振り返ってみようと思う。

 

【このブログの始まり】

 このブログは私が大学院生の時に作ったのが始まりです。友人がブログを書いていてTwitter以外にがわも何か始めてみたら?のようなことを言われたのが切っ掛けだったと記憶しています。

当時のブログ内容は混沌としていて、本当にただの日記でした。しかも大半がネガティブな内容(当時研究室のラボ畜だったので)で読むと気が滅入ってしまうような感じでした。大学院を卒業してからはほぼ放置していて全く更新をしていませんでした。

 

【銭湯日記への生まれ変わり】

 銭湯へ行くようになった件については、インタビューに回答した通りです。

(なんか昔に自分でも書いた気がするけれども・・・あれはちょっと盛っているので笑)

sento.hatenablog.jp

何てことはないんです。ただ、一人暮らしを開始してシャワーで済ませることが多くなった日常に大学院の研究が色々と行き詰まって違和感だらけだったんです。

銭湯に行ってみたら、極楽極楽~~って気分になったのでちょこちょこ銭湯に行くようになりました。就職を期に実家に帰りましたが、実家近くのスーパー銭湯に毎週の通っていました。

 社会人2年目になり、ある程度お金も貯まったので家を出て一人暮らしをすることにしました。住む場所は荒川区を選択。理由は銭湯が沢山あって、職場にも実家にもそこそこ近いから。一人暮らしを初めて最初に行った銭湯は熱湯で有名な帝国湯さん。

久しぶりに昔ながらの銭湯に行って、感動を覚えて「これはブログに書こう!」って思ったのが銭湯日記の始まり。

ここから、ただただネガティブな内容の巣窟になっていたブログが銭湯日記へと変わりました。

 

【銭湯日記に変わってから】

 文章を書くこと自体が久しぶりだったこともあり、当初は色々とブレブレだったと記憶しています。過去の記事を見返すのは正直恥ずかしい。でも、自分が行った銭湯を文章で書き起こすのは非常に楽しかった。これは今も変わらず楽しい。

どのくらい続くかな~なんて思っていたけれども、昨年1年間は結構な頻度で更新できていたと思う。気が付けば銭湯日記も70を超えた。

番外編も含めれば銭湯の記事だけで100は書いていると思う。自分の書き方やキャラクターが確立できてきたのもあって、どんどん書ける。

書く内容がネガティブなことではなく、自分が好きな銭湯のことだからこそここまで続いているんだと思う。Twitterにも書いた記事を載せるようになって、読んでくださっている方が居ることを実感したのは記憶に新しいです。

その一方で、実際に行った銭湯の方にももしかしたら読まれているかもしれない・・・と考えるともっと詳細に色々と書いた方が良いんじゃないだろうかって悩んだことも実はあった。

しかし、そういう事は既にやっている方もいらっしゃるので私は私のスタンスを崩さないでやっていこうかなって思ったりして今に至ります。

 

【今後の銭湯日記】

 これからも行った銭湯の日記、備忘録としてどんどん書いていこうと思っています。基本スタンスは変わらず、私の日記として。こんな日記ですが少しでも読んでくださった人が銭湯に興味を持ってもらえたら良いなと思いながら素直な気持ちと感想をつらつらと書いていきます。

さらっと読める読んでくださった人がいいなって思う、そんなブログを目指していきたいと思います。もし、私の記事を読んで不快な気持ちになってしまったりした方がいたら申し訳ないです。でも、日記なのでその辺は少し甘く見ていただければ・・・・。

 

そんなわけで、今後もがわの銭湯日記をよろしくお願い致します。

 

がわ