アラサーの銭湯日記

銭湯、時々日常

銭湯日記その㊾

こんばんわ!

銭湯日記もついに㊾まで来ました。

大した記事を書いているわけではないのですが、感慨深いですね。。。

書き始めた時はここまで続くとは思いませんでした。

 

それではさっそく行きましょう!

今回はこちらの銭湯に行ってきました!!はい!

f:id:miku778:20180820215437j:plain

f:id:miku778:20180820215454j:plain

 

荒川区にある千歳湯さんに行ってきました!

(私の足が写っていますがどうぞ無視してください)

この外観、すごく私のツボにはまりました。

落ち着いた日本家屋の雰囲気、最高意外のなにものでもない。

 

扉をくぐると、小さいながら雰囲気のある休憩室があります。

受付タイプで、460円を支払い、スタンプラリーのスタンプをもらいました。

 

暖簾をくぐって、脱衣所へ。

脱衣所へそこそこの広さで、清潔です。

小さいですが中庭もあって、外気浴が捗りそうな雰囲気。

 

この日は荒川区の親子キャンペーンか何かで先客が多かったです。

ありのままの姿になり、浴場へ。

 

手前にカランがあり、奥に湯船がある関東ではオーソドックスなスタイル。

こちら、なんとシャンプーとボディーソープがあるので手ぶら入浴が出来ちゃいます。

最近、街中の銭湯もシャンプーとボディーソープが置いてあるところが増えてきましたね。これは仕事帰りのサラリーマンなんかもふらっとよれるからとっても素晴らしいです。

 

体を綺麗に洗って、まずは薬湯へ。

この日は青森ひばオイル。お湯は青色で、不思議な香りがしました。

ぱっとお湯みた時は、ブルーハワイの原液でも入っているのかと笑

お湯の温度は40℃~42℃くらいで、入りやすい温度。

ぼけーと入っていると、上から風が入り込んできて気持ちが良い。

 

水風呂がないので、洗面器に水を入れて浴びる。クールダウン。

これはこれで乙な感じで気持ち良い。

 

そのあとはバイブラ湯。

ちょっと力弱かったけど、気持ち良いから良し。

お湯は42℃。下町銭湯ではやや低め。

 

ジェットバスもあったのですが、立ち代わり入れ替わりで色々な人が使ってて私は使えませんでした笑

次の時は使いたい。

 

お風呂上りには、中庭で外気浴。

程好く夜風が吹き込んできて、乙な気分。

 

久しぶりの昔ながらの銭湯は心がほっこり落ち着く素敵な場所でした。

機能的な銭湯もいいけど、やっぱりたまに行く昔ながらの銭湯は心が落ち着く。

皆様も自分の家のそばにある銭湯に行ってみてはどうでしょう!

素敵な発見や今までにないアイデアが出るかもよ!

 

それではまた!!

 

 

銭湯日記その㊽

お盆も終わりで、平成最後の夏も終わりが近づいてきましたね。

台風が来たり、花火大会があったり、夏らしいこともあっという間に過ぎ去っていきます。

ちょっと寂しいおセンチな気持ちです。

そんな気持ちの私は先週の土曜日、早起きして朝風呂に行ってきました。

夏、熱い日差しを受けながらこちらの銭湯に行ってきました!

 

f:id:miku778:20180815213459j:plain

f:id:miku778:20180815213529j:plain

 

川口にある、喜楽湯さんに行ってきました!!

こちらは東京銭湯さんが運営しています。

 

[https://twitter.com/tokyosento_com/status/1022330987005456384:embed#【PRESS】新編集長ご挨拶&第4期ライター募集 https://t.co/bC34OnJ1cI #銭湯

 

東京銭湯さんはこんな企画もしています。

 

喜楽湯 | 埼玉県川口市の銭湯 - 東京銭湯 - TOKYO SENTO -

(喜楽湯さんのホームページです。ホームページもお洒落なんだよなぁ)

 

さて、喜楽湯さんは川口駅から歩いて10分~15分くらいかかります。

西川口駅からも同じくらいかかるそうです。

街中をのんびり進んでいくと、看板が見えてきます。

外観はモダンと言いますか、お洒落ですよね。

パッと見ると銭湯に見えないです。

 

早速、暖簾をくぐると券売機があります。

入浴料は430円です。埼玉なので東京の銭湯より多少安いですね。

券売機をよく見ると、初めてという券があります。

初めての人がこの券を購入すると、色々と説明をしてくださるとの事でした。

 

私は初めてだったので、初めての人用の券を購入します。

中に入ると、外観とは変わって昔ながらの日本家屋の雰囲気を残した待合室があります。

受付で、券を渡して説明を受けました。スタンプカードも貰いました。

ここで下駄箱のカギとロッカーのカギを交換します。

フェイスタオルが1枚まで無料で貸し出しということで、お借りました。

番台にいた方、ツイッターか何かで見た事がある気がしたんだけど・・・どうだろう。

 

脱衣所へ行きます。

脱衣所はかなり広め。めちゃくちゃ昔ながらの銭湯の雰囲気を残しつつとっても綺麗に手入れされています。こういう銭湯がめちゃくちゃ好きで心に刺さりました。

そしてマンガが結構置いてあります。

これはお風呂上りの休憩がめちゃくちゃ捗りそう笑

 

ありのままの姿になって、浴場へ。

カランが手前にあって、奥に湯船があるオーソドックスな関東スタイル。

シャンプー・ボディーソープもあって、手ぶらで来れますね。

体を洗って、湯船へ。

 

水風呂、バイブラ湯、ジェットバスがあります。

お湯の温度は40℃~42℃くらいだと思います。(体感)

薪を使っているとの事で、体の芯からポカポカしてきます。

とっても入りやすい温度で、めちゃくちゃ気持ち良かった。

ジェットバスは柔らかい強さで、気持ち良い。

 

水風呂は20℃くらいかな。

その次はサウナへ。

喜楽湯さんは入浴料だけでサウナに入れます。

サウナは100℃だったはず。入った瞬間から汗が噴き出るサウナ。

とっても気持ち良くて、水風呂に入った瞬間整いました。

 

露天風呂はないですが、窓から入ってくる風が心地よい。

夏の日差し、気持ち良い風、昔ながらの銭湯。

なんとも言えない、感情に包まれました。

 

お風呂上り、ドライヤーも無料で使えることが分かり本当に至れり尽くせりな銭湯だなぁと思いました。

 

昔ながらの銭湯と最近の銭湯が入り混じったような不思議な雰囲気でした。

外観を見た後に入るとちょっとタイムスリップしたような、でもとっても綺麗で。

言葉で言い表すことが難しいですが、本当に素敵な銭湯でした。

 

また今度も朝風呂入りに行こうと思います。

というか絶対に行く。朝風呂めちゃくちゃ気持ち良くて最高だった!!

 

それではまた!!

 

 

 

 

銭湯日記その㊼

連続の更新。

 

順番が逆になってしまいましたが、文化浴泉さんに行った日、銭湯をはしごしたんです。

めちゃくちゃ暑すぎて何度も銭湯に入りたくなる気温。

これはこれで、銭湯好きとしてはありな気がします笑

銭湯やサウナが好きな人は熱中症にも気を付けてしっかりと水を取ってくださいね!

 

さて、前置きが長くなりましたが文化浴泉さんの後にはこちらに行ってきました!

f:id:miku778:20180806220109j:plain

 

駒込にある殿上湯さんに行ってきました!!

denjyoyu.tokyo

ホームページはこちらになります。

 

殿上湯さんは、たまたまツイッターでフォローした方が住み込みをしているって呟きを見て知りました。

駒込なので、すぐに行けると思い行ってきました!

 

扉をくぐると、正面に番台があります。

460円を支払って、ロッカーのカギをもらいます。

番台にいた方、若い方でびっくりした。

 

左手が男湯でした。

脱衣所はかなり広め。昔ながらの日本家屋感満載で私はめちゃくちゃ好きな雰囲気。

余談ですが、お手洗いがめちゃくちゃ広かった。

 

そそくさと着替えて、浴場へ。

 

カランが手前にあって、壁に沿って奥に湯船があるオーソドックスなスタイル。

殿上湯さんは天然水と備長炭を使用したお湯とのことです。

シャンプー等もあり、とっても嬉しいですね。

 

カランで汗をしっかりと流して湯船へ。

お湯の温度は41℃くらいだと思います。(あくまで私の体感)

備長炭が確かにあるな・・と眼鏡をはずして視力激落ち状態の私は思いました。

お湯は柔らかいのですが、柔らかすぎず適度な硬さがあり体にも馴染む。

空いている窓から吹き込んでくる風がとっても気持ちよく、何を考えるでもなくボーっと頭を休めました。

 

殿上湯さんは水風呂があります。

水風呂があるのはこの時期めちゃくちゃありがたいです。

湯船から上がる前に、水風呂に入ると汗そんなにかかないのでオススメです。

 

ジェットバスで体をほぐして、少し風に当たりながら休憩。

休憩しているところで、おそらく地元の子供たちと思われるグループが来ました。

子供たちだけで銭湯に来るの、私は経験したことなかったから正直羨ましかった。

 

ゆったり休んだ後、もう一回湯船に入り水風呂で冷ましてから上がりました。

 

全体的に時間の流れがゆっくりと感じる、素敵な銭湯でした。

機能的な銭湯もいいけど、こういう昔ながらの雰囲気を残している銭湯ってめちゃくちゃ心が落ち着くからとっても好きです。

 

また時間を見つけて、入りに行きたいです。

 

それでは!!

 

 

銭湯日記その㊻

相変わらず、クソがつくほどの熱さですね。

日曜日もとても、熱かったですね。

秋葉原へ行き、コミケに行けないので企業ブースの小説を予約してきました。

そのあと、秋葉原でカレーを食べて塩分補給をしました。

f:id:miku778:20180806212702j:plain

めちゃくちゃ美味しかったです。

さて、塩分補給をしましたが駅に戻る途中に大量の汗をかきました。

・・・・こういう時は銭湯ですよね!というわけで、こちらの銭湯に行ってきました!

f:id:miku778:20180806212847j:plain

高円寺の小杉湯さんに行ってきました!!!

夏至祭以来の小杉湯さん!

sentogurashi.com

(小杉湯さんについてはこちらのホームページをご覧ください。)

 

さあ暖簾を見て、何か気が付きませんか??

そう、この日小杉湯はコラボしていたんです。コラボしていたのは・・・・。

f:id:miku778:20180806213023j:plain

IKEUCHI ORGANICさんです!!

www.ikeuchi.org

ホームページはこちらです。

なんとこの日、小杉湯ではバスタオル等色々なものが今治タオルに!

しかも、お湯も河内晩柑等をふんだんに使ったお湯に!

こんな事起きてたら、銭湯好きとして行かない訳にはいかないですよね!

 

番台で460円を支払い、IKEUCHI ORGANICさんのバスタオルをお借りしました。

まだ、お風呂に入っていないのにタオルの柔らかさに包まれて軽い風呂上り感がありました笑

 

脱衣所でそそくさと服を脱ぎ浴場へ。

15時40分くらいに行ったのですが、すでに先客が多かったです。

カランに座って驚き!シャンプーボディーソープ等が変わっている!!

皆様の目で確かめに行ってください!

個人的にはシェービングフォームがあったのがとっても嬉しかった。

 

最初は薬湯へ。

河内晩柑ふんだんに使ったフルーツ湯

さっぱりとした柑橘の香りに包まれつつ、のんびり体を温められます。

 

水風呂にも晩柑が使われています。

小杉湯の水風呂はとっても入りやすく(お湯と水の温度差や柔らかさ)、最高なんです。

水風呂待ちが出る銭湯は小杉湯さん以外なかなかないと思います。

 

水風呂から上がると、お客さんがめちゃくちゃ増えていてカランはほぼ一杯。

湯船も人でいっぱい。すごい大盛況です。

 

ジェットバスがある湯船にはハーブが使用されていました。

こちらもさわやかな香りがして、体がほぐれる気持ち良さ。

 

ミルク風呂にも河内晩柑が使用されていました。

個人的には濃厚なバターのような香りとほのかな柑橘の香りがとてもマッチしているなと思いました。

濃厚なバターみたいな香りはたぶん、ミルクと柑橘の反応な気がします。

 

この日、たっぷりと小杉湯のフルーツ湯と水風呂を堪能した後、バスタオルを使用しました。

ふわふわで、何となく温かみがあるバスタオル。それでいて吸水性が抜群。

水を吸った後もふわふわが失われずずっと体に巻いていたいと思うタオルでした。

ちょっと真剣に購入を考えようと思うくらい。

 

久しぶりの小杉湯はあまりにも良すぎて、言葉が出てきませんでした。

小杉湯さんは普段も良いですが、このように様々な事に取り組んでいて本当に素敵な銭湯だと思います。

また時間を見つけて行きたいと思います。

 

それでは!!

 

銭湯日記その㊺

連日の暑さにうんざり、ぐったりしています。

ちょっと外に出るだけで滝のように汗が出てくるし、その汗はべたべたと体に張り付くしで気持ちは沈みがちですね。

こんな夏こそ、汗をさっぱり流して、嫌な気持ちも流しちゃおう!

 

そんなわけで、8月一発目の銭湯日記です!!

この暑さで、足を延ばしていつもと違う銭湯に行ってさっぱりしても結局戻ってきてからもいえの近くの銭湯に行っちゃうんですよね。

それはさておき。

今回はこちらの銭湯です!!

f:id:miku778:20180805205628j:plain

池尻大橋駅から、徒歩で5分程度のところにある文化浴泉さんに行ってきました!

 http://bunkayokusen.grupo.jp/ (ホームページはこちらです)

 

写真からもお分かり頂けると思うのですが、このちょっとした秘密基地感が個人的にめちゃくちゃツボでした。

秘密基地は男のロマンだからなーウキウキするのは仕方なし。

 

入口にも書いてありますが、文化浴泉さんはnano湯です。nano湯とは?と思いながら店内へ。

 

受付方式で、サウナもありましたのでサウナも付けます。計760円(確か)。

ここでロッカーのカギをもらいます。

脱衣所に入ると・・・・なんとなく雰囲気がどこかの銭湯に似ています。

はすぬま温泉さんふくの湯さんのような和モダンテイストです。

調べていないのですが、建築家さんが一緒な気がします。

和モダンテイストの銭湯は入った時はとっても落ち着くんですよね。

 

miku778.hatenablog.com

はすぬま温泉さんはこんな感じ。

 

miku778.hatenablog.com

 ふくの湯さんはこんな感じ。

入口の感じで伝わりますかね・・・和モダンテイスト。

 

 

さて、ありのままの姿になって、浴場へ。

浴場もやっぱり和モダンテイスト。少し暗めの暖かさがある雰囲気がとてもグッド!

手前にカランがあり、奥に湯船があります。

入って左手側に分かりにくいのですが水風呂があります。

右手側にサウナがありました。

驚いたのが、ペンキ絵が丸い!! 

丸いペンキ絵は初めて見ましたが、文化浴泉さんの雰囲気にとってもあっていました

 

体を清めて、まずは奥の湯船に。

nano湯と白湯(ジェットバス)があります。

 

nano湯とは、いわゆる粒子がとても細かいお湯の事みたいです。

実際のnano湯も白く、シルキーバスですね。

美肌効果等様々な効能があるそうです。

温度は41度くらいかな。

ボーっとしながら、細かい粒子がとっても気持ち良いお湯でした!!

何となく、お肌がすべすべになった気がする。

 

そのあとはサウナへ。

サウナはめちゃくちゃ熱くて、湿度もかなり高かった気がする。

入った瞬間から汗が飛び出る。気持ち良さ!

柑橘系の香りがほのかに香り、とても落ち着きました。

 

水風呂は20℃くらいで、入りやすいです。

最近、サウナにもはまっているのでもう少し低いと良いな・・・とか思ったり。

サウナそばに休憩できる椅子があるので、交互浴がとても捗りました!

サウナ入らなくても、交互浴がとても捗り最高でしたね。

 

近くにあったら毎日でも通っちゃうかなと思う素敵かつ気持ち良い銭湯でした!

また行きたいと思います!

 

 それではまた! 

平凡な日はとっても素敵

まさかの連続更新。

 

ずっと銭湯の事ばっかり書いていたから少しくらい普通の日記でも書こうかなとか。

特に面白エピソードがあるわけではないんだけどね。

 

毎日、仕事ばっかりですね。

仕事には全く変化がなくて、正直面白味がないですね。

だから、定期的に上司に正論ハンマーぶつけて反抗してみるんですがまあ権力でつぶされる。マジウケるwww

 

そんな上司の上司から聞いたのですが、私の上司は昨季役員に昇進できなかったのが腹立たしく、なんとかして来年は昇格するために躍起になっているらしい。

目の前の仕事おろそかにしてる人間が役員になれるわけないでしょうに・・・・。

 

確定じゃないけど、この私の上司がもし役員になったらそれが会社を見切る時だと思っています。要するに転職しよーかなみたいな感じ。

会社の雰囲気もそんなに好きじゃないしな。なんか若い大学サークルみたいな雰囲気なんだよね。

 

プライベートはほぼ銭湯で埋め尽くされてるんですよね。

ちゃっかり、ちょいちょいデートとか言っているけど果たして恋人に昇格できるかどうか・・・・。誰か恋人に昇格するための昇格試験対策本とか出してくれない?

まあそれは置いておいて、やっぱり銭湯行くの楽しいんですよ。

それでこうやって音楽聞きながらブログ書いている平凡な日ってとっても大切で素敵なんですよね。今はサカナクション新宝島聞いてます笑

 

あ、そういえばお気に入りのお嬢(なんのお嬢かはご想像にお任せします)が辞めてしまってとっても悲しい気持ちになりましたよ・・・。

このお嬢には自分のあれがあれでこんなタイプって事を気づかされたのでとっても感謝している。いや感謝しちゃいけないのか?笑

前に辞めるかもって聞いてたから、最後に遊んできたけどやっぱり良かったことを記しておきます。遊ぶの最高だぜ!!!またお気に入り探さないと。

 

Fate/GOもずっとやってますね。

皆さんスカディ引いた?私、何とか無料石分で引けました。。。。

歓喜でしたよ!!

 

こんな平凡な日常がこれからも続きますように。

 

 

銭湯のお話

こんばんわ。

 

銭湯が好きになった理由はずいぶん前に書きました。


miku778.hatenablog.com

 

こんな記事を書いてから、銭湯日記を続けて半年が経ちました。

そんなタイミングで、こんな募集がありました。

 

 

これは!!!

と思って、すぐに応募しました。まあ結果がどうなるかはさておき。

こんなチャンス、そうそう巡ってこないですし、何か踏み出さないとって思ったわけです。

それと同時に、私は銭湯でどうして、何をしたいんだろうという気持ちが芽生えました。

 

私が銭湯行くようになったエピソードなんて世の中には溢れていると思います。

銭湯好きの一番の理由は、広いお風呂に入れる。これが一番なんですよ。

ただそれだけで銭湯に行きまくって、日記として書き続けてきて、微妙に心境に変化があったんです。

 

私は銭湯が無くなってしまうのが嫌だ。

もっと色々な人に、広いお風呂に入れる気持ち良さを知ってもらいたい。

銭湯って実はめちゃくちゃ身近にあるんだよ。

銭湯は同じように見えて、それぞれ力の入れ所が違って個性があって面白い。

 

ぶっちゃけ銭湯無くなると、趣味が消えるからそれは困る!笑

 

そんな風に、色々な人に銭湯の良さを知ってもらいたいって思うようになりました。

だからこそ、所詮個人でやっているブログだけど継続して書き続けてきました。

 

そんな時に、ライター募集でした。

少しでも、銭湯の力になれるなら!それだけ。

後はもっと色々な銭湯に行ってみたいんだよなぁ。

とりあえず、大阪や北海道の銭湯に行ってみたい。

最北端?の銭湯にめちゃくちゃ興味あるし、大阪の東京とは違う銭湯も感じてみたい。

そして、ブログで取り挙げて色々な人の目に留まって欲しい。

 

何が言いたいかって?

銭湯は最高なんだよ!!!

 

 

それではまた!

応援してくれると嬉しいです!笑